〒240-0022 神奈川県横浜市保土ケ谷区西久保町15 グランディシンヤ201
天王町駅から徒歩3分

受付時間
受付時間:午前 9:00~12:00
        午後15:00~19:30
定休日:火曜日・金曜日

お気軽にお問合せください

045-489-9506

※受付時間内の営業は固くお断りしております

子宮内膜症と鍼灸治療

◆子宮内膜症とは

女性の身体は、周期的に子宮内に内膜を増殖させ、子どもを授かる環境を作ります。そしてある一定の期間が過ぎると、子宮内膜は剥離・脱落し、膣口から出血するようになっています。(月経)しかし何らかの原因により、子宮内膜組織が子宮内部以外に生じて、増殖・浸潤し周辺組織と癒着する疾患です。主に痛みや不妊などの症状を起こします。

 

◆発生しやすい場所

・ダグラス窩:子宮の後方と直腸の間の場所

(癒着によって子宮や直腸が引っ張られ、性交時痛・排便痛・肛門痛などが出やすくなります。)

・卵巣:子宮の左右にあり、卵胞や女性ホルモンを産生する場所

(進行するとチョコレート嚢胞へ)

・腹膜:内臓を覆うお腹の膜

 

◆子宮内膜症で多い症状

・生理痛・下腹部痛・腹痛・性交時痛・不妊・過多月経・肛門痛・排便痛など

 

◆子宮内膜症の要因

・子宮内膜移植説

月経血が、卵管を通って逆流することで、卵巣など子宮の外側へ移植する可能性があるという説。現在最も有力視されている発生メカニズムです。

・化生説

 先天的に子宮がない方にも、内膜症が発生した例が報告されています。子宮内膜と共通の組織から出来ている腹膜などが、何らかの原因で子宮内膜に化生するという説。

 など、様々な説があるようなのですが、いまだにはっきりとは解明されていないようです。

 

◆中医学・鍼灸治療では

主に「痛みの緩和・減少」、「痛みが出にくい身体作り」を目的に行います。

●痛みの緩和・減少

痛みによって、骨盤周り(鼠径部・下腹部・仙骨周り・腰部など)の皮膚表面・筋肉が固くなります。お腹・腰周り周辺を柔らかくすることによって、痛みの緩和・減少を促します。

●痛みが出にくい身体作り

生理時にしっかりと経血を排出することを目的に行います。

・子宮内膜が子宮に残らないようにする

・経血が逆流するのを防止する

子宮内膜の残存や経血の逆流が、リスクを高めると考えられるためです。

 

月経の度に症状が進むため、直ぐに治療効果を実感することは難しい病気です。非生理時・生理時の治療を含め、1週間に1回の治療・4周期分を目安に考えてください。少しでも痛みが緩和できるようなアドバイスをさせていただきます。

ご予約・お問合せはこちら

お電話でのご予約・お問合せはこちら

045-489-9506
受付
時間
・午前 9:00~12:00(最終受付) 
・午後 15:00~19:30(最終受付) 

・日曜 9:00~14:00(最終受付)
定休日
火曜日・金曜日

ご予約・お問合せへ

お電話でのお問合せはこちら

045-489-9506

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

院長ごあいさつ

金澤 辰博

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

院長プロフィールはこちら

アクセス・受付時間

住所

〒240-0022
神奈川県横浜市
保土ケ谷区西久保町15
グランディシンヤ201

駅から当院まで

天王町駅から徒歩3分
西横浜駅から徒歩6分
JR保土ヶ谷駅から12分
 

受付時間
 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00(最終受付)
午後:15:00~19:30(最終受付)

日曜日:9:00~14:00(最終受付)
祝日不定休(新着情報に掲載)

定休日

火曜日・金曜日