〒240-0022 神奈川県横浜市保土ケ谷区西久保町15 グランディシンヤ201
天王町駅から徒歩3分

受付時間
受付時間:午前 9:00~12:00
        午後15:00~19:30
定休日:火曜日・金曜日

お気軽にお問合せください

045-489-9506

※受付時間内の営業は固くお断りしております

つわり・妊娠悪阻と鍼灸治療

◆つわりについて

 ほとんどの妊婦さんが経験する「つわり」は人によって、生活に支障がないくらい軽い方、入院が必要なほど重い方、まったく症状のでない方など様々です。ここでは、日常生活に支障がある方~入院が必要になる前の「吐きつわり」について書きます。

 

◆原因

赤ちゃんが成長・発育していく過程で、非妊娠時に比べ大量のホルモンが分泌されます。身体の中で、今までになかった変化が起きているわけですが、その変化に身体が追いつけない状態になってしまうことで、つわりが起こると考えられます。

 

◆消化器系の症状

つわりの消化器症状を経験される方は7~8割ほどだといわれています。

参考に

・胃もたれ・胸やけ・むかむか感・・・7~8割

・吐き気・嘔吐・・・7~8割

・食欲不振など・・・5

 

◆東洋医学からみる「つわり」とは

子宮と胃は経絡というラインで繋がっています。妊娠すると、赤ちゃんの成長を促すために大量の気が子宮へ流れ込みます。しかし、有り余った気は行き場がなくなり、子宮と胃を繋ぐラインを登って、胃の生理活動を狂わせます。

胃の生理活動とは

・飲食物を口―胃―小腸へと降ろす力

・飲食物を受け入れる力

・消化する力

これらの生理活動が失調すると、上述した症状が起こりやすくなります。
安定期頃には気が安定供給されるようになるので、症状は落ち着く方がほとんどですが、中には最後まで、つわりが治まらない方もいらっしゃいます。

 

◆治療方針としては

胃の生理活動を補佐してあげるツボを使って症状を緩和します。
妊娠初期で、治療を受けることを怖がる(不安に思う)方もいらっしゃいますが、鍼灸治療は安心して受けていただける治療です。ご不明な点や疑問をお持ちでしたらお気軽にご相談ください。ご説明をしても尚、鍼が怖いという場合は、他の方法で対応いたします。

ご予約・お問合せはこちら

お電話でのご予約・お問合せはこちら

045-489-9506
受付
時間
・午前 9:00~12:00(最終受付) 
・午後 15:00~19:30(最終受付) 

・日曜 9:00~14:00(最終受付)
定休日
火曜日・金曜日

ご予約・お問合せへ

お電話でのお問合せはこちら

045-489-9506

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

院長ごあいさつ

金澤 辰博

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

院長プロフィールはこちら

アクセス・受付時間

住所

〒240-0022
神奈川県横浜市
保土ケ谷区西久保町15
グランディシンヤ201

駅から当院まで

天王町駅から徒歩3分
西横浜駅から徒歩6分
JR保土ヶ谷駅から12分
 

受付時間
 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00(最終受付)
午後:15:00~19:30(最終受付)

日曜日:9:00~14:00(最終受付)
祝日不定休(新着情報に掲載)

定休日

火曜日・金曜日