〒240-0022 神奈川県横浜市保土ケ谷区西久保町15 グランディシンヤ201
天王町駅から徒歩3分

受付時間
受付時間:午前 9:00~12:00
        午後15:00~19:30
定休日:火曜日・金曜日

お気軽にお問合せください

045-489-9506

※受付時間内の営業は固くお断りしております

未病(みびょう)について

◆未病とは

未病という言葉をお聞きになったことがありますか?

言葉の解釈は諸説ありますが、未病とは古くからある東洋医学の言葉で、「未だ病にならざる」、つまり病気の一歩手前、病気になる前の状態のことを言います。

 「健康である状態」と「病気の状態」との間には、‘’病気にはなっていないが、健康ではない状態‘’、‘’病気ではないが病気に向かっている状態‘’などの曖昧な状態があり、東洋医学では、その状態を未病と表現します。

 【健康】 → 【未病】 → 【病気】

 未病状態のすべてが、病気に繋がるわけではありませんが、病気になる方の大半は、未病状態の段階を踏んで病気になります。

 

 以下のような症状が継続的・頻繁に起こることはありませんか?

はっきりとした病気の症状や、検査数値の異常などはみられないけど、どこか具合が悪い・スッキリしない・体がだるい・体が重い・ぐっすり眠れない・寝ても疲れがとれない・肩こりがある・冷える・生理痛が強い・食欲がない・ご飯が美味しくない・体がむくむ・めまいがある、など

一部の例ですが、これらの症状は身体のサインであることが多いので、このような症状を感じる方は、すでに未病の状態であるといえます。

 

未病と病気を火事で例えてみます。
ボヤの時は、少しの水で火を消すことができます。
少々、火が広がっても消火器で消せます。そして、被害も最小限で済みます。

ところが、大火事になってしまうとどうでしょうか。
消防車が出てきて大量の水をかけないと火事は消せません。
火を消し止めたとしても、建物は燃えてしまっただけでなく、消火の水で浸水し、ボロボロの状態です。

 ボヤの火事は未病の状態、そして大火事の状態が病気というわけです。できれば、ボヤのうちに火を消し止めることが、とても大切なのです。

 

◆2つの未病

未病には、「自覚症状はないが、検査で異常がみられる状態」と「自覚症状はあるが、検査では異常がない状態」があります。

これは前回、アップした記事で少し触れています

東洋医学と西洋医学の違い

 

東洋医学は、未病の中で「自覚症状はあるが、検査では異常がない状態」、つまり診断のつきにくい症状に対して、東洋医学独自の見立てによって施術いたします。

 病気ではないが、体調が長期間優れないという方には、東洋医学的な治療もお勧めです。ご参考の上、未病のうちに対処しておきたい、そんな気になる症状をお持ちの方は、是非当院にご相談ください。

参考にしてください。

ご予約・お問合せはこちら

お電話でのご予約・お問合せはこちら

045-489-9506
受付
時間
・午前 9:00~12:00(最終受付) 
・午後 15:00~19:30(最終受付) 

・日曜 9:00~14:00(最終受付)
定休日
火曜日・金曜日

ご予約・お問合せへ

お電話でのお問合せはこちら

045-489-9506

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

院長ごあいさつ

金澤 辰博

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。 

院長プロフィールはこちら

アクセス・受付時間

住所

〒240-0022
神奈川県横浜市
保土ケ谷区西久保町15
グランディシンヤ201

駅から当院まで

天王町駅から徒歩3分
西横浜駅から徒歩6分
JR保土ヶ谷駅から12分
 

受付時間
 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:00(最終受付)
午後:15:00~19:30(最終受付)

日曜日:9:00~14:00(最終受付)
祝日不定休(新着情報に掲載)

定休日

火曜日・金曜日